FC2ブログ
188

高知市某所にあるMML編集部。その中のPCの一台が不調なのでヤマダ電機で160GBの内蔵HDDをゲットしたMML一行は早速イゲタに増設を依頼する。

「はい、セットは終わりました。」
手早く空きスロットにHDDを増設し、ケーブル類を刺し込んだイゲタ。
「よし、あとは既存のHDDから起動し、今回購入したHDDをフォーマットすればいいな。」
「ええ、これで作業効率も上がりますね。どうしたことか最近は速度もかなり遅かったようですし。」
「ナバヤさんが衝撃を与えるから………」
「バカヤロ、昔から機械ものの調子が悪いときは斜め45度からのチョップと決まってるんだよ。」
「そんなのは野比家のママくらいしかしませんよ。それにそれは昭和の時代の対処法です。」

マニアックにツッコむイゲタ。そんな会話をよそにギバヤシはさっさとPCに再起動をかける。BIOSが表示された後、RAMチェックが入り、しばらくして聞いたこともないようなビープ音が響く。

「な………なんだこれは。」

DiskBoot Failer.
その文字に色めきたつMML一同。
「バカな…さっきまで起動してたじゃないか。」
「こ…これは何かの陰謀なのでは…」
最近都合が悪いことはすべて陰謀に脳内変換されていくドマルをよそにイゲタは表示された文字からひとつの結論をだした。

「いえ、これは不良セクタの影響でOSが起動できなくなったようです。ですが他のデータは残っているようなので新しいHDDをフォーマットしてOSをクリーンインストールしましょう。」
「そうか、Windows2000のシステムディスクでディスクブートすれば壊れたHDDの影響を受けずにOSをインストールできる…」
「ええ、そのあとでXCOPYでもして復旧させましょう。」
「イゲタがいてくれて助かる。これで明日の調査までにPCが復旧できそうだ。」
Windows2000のCD-ROMをトレイに収め、再起動をかけるイゲタ。するとインストール用の青い画面が表示され、いろいろなドライバ類が読み込まれていく。数分経過したところで画面が真っ暗になると突然HDDのアクセスランプが消える。

「こ…これは。さっきまで順調だったのに…」
「いえ、ダナカさん、少し様子を見てみましょう。160GBもの容量なのでスキャンに時間がかかるのかもしれません。」
しかし30分経ってもそこから先に進むことはなかった。
「そんなバカな………こんな症状は初めてです。」
さすがのイゲタも今度ばかりは困惑気味であった。そこにいつのまにか姿を消していたギバヤシが突如戻ってくる。
「お前たち、こんなものを用意しておいた。」
「~~~~~!!!そ………それは!!!」
「今PCに接続されている壊れたHDDの、さらに前に壊れたHDDと、使われず未開封になっていたHDDお引越しソフトじゃないですか、そんなものがまだ現存していたなんて………」
「ああ、こんなこともあろうかと俺の判断で保存しておいた…」
単純に捨てるのを忘れていただけだが、なんとなく事態の打開につながるような期待感を抱かせるには十分の効果があった。
「つまりだ…この壊れたHDDに無理やりWindows2000をインストールし、起動したら今回交換するHDDの中身をそっくり外付けHDDにコピーする。その上で最新のHDDをつないでクリーンインストールすれば…」
「手間はかかるが………それしかないようだなギバヤシ。」
「さっそくとりかかりましょう!」

ギバヤシの提案した方法が見事に功を奏し、壊れたHDDからデータを取り出すことに成功したMML。その直後完全に起動どころか認識すらしなくなった両HDDに敬意を表し、丁重に弔った後、さらに最新HDDの導入にも成功。あとはHDDお引越しソフトからデータを復旧するだけだが、そこにきてさらに問題がMMLに降りかかる。

「な………なんてわかりにくいインターフェースなんだ!」
データ抽出はなんなく行えたものの、復旧に関してはまるでわかりにくい仕様のソフトであった。さらにバンドル品なので説明書はPDFファイルでCD-ROM内に入っていた。PDFが閲覧できる状況下にないMMLは途方にくれたが、なんとかイゲタの操作で復旧に成功。いつもの見慣れたWindowsのロゴが現れる。

「これでなんとか終わったようだな…」
「はい、恐るべき罠でした。今回は勉強になりました。」
PCの神秘を垣間見た一同。しかしまだ終わりではなかった。一通りアプリケーションの起動やCookieが正しく動作するか確認していたダナカが声を上げる。
「た、大変です…HDDの容量が…全体で40GBしかありません!」

「な…なんだってー!!!」

「BIOSでは160GBと認識しているのに…」
「バカな…160GBのHDDだぞ!残りの120GBはどこにいっちまったんだ!!」
「ま…まさか、梱包ミス………」
「いえ、チェックもせずに販売しているとは思えません。あの天下のBUFFALOがですよ。」
「そうか………わかったぞお前たち。」
「何がわかったというんだギバヤシ!」
「おかしいと思わないか、Windows95のころならともかく、プラモデル感覚で組み立てられるこの時代のPCパーツにこれほど振り回されるなんて…」
「確かに………大手メーカーのHDDにしては変にスマートさがありませんね。」
「何が言いたいんだギバヤシ!」

「陰謀だよ………これは。」
「な…なんですってー!!!」

「どういうことですかギバヤシさん!」
「お前たち………あれだけ苦労して起動した160GBのHDDの容量が40GBしかないとなるとどうする?」
「故障を疑うでしょうね…それに販売店、ひいてはメーカーへのクレームにつながりかねません。」
「そう…そこがポイントなんだ…安価なDIYパーツが信用できないとなればPCメーカー製のPCを購入せざるを得ないだろう。するとどうだ、市場は再び高価なメーカー製PC一色になり、ライトユーザーは淘汰される!!!

「~~~~~!!!!!」

「せっかく親しみやすくなったPCが再び高嶺の花に…」
「ああ、そうするとインターネットはゲーム機から接続することになるだろう。」
「………ネットワーク機能を持ったゲーム機、まさか!?」
「そうだ、これは販売不振にあえぐPS3、そしてXBOX360のネットワーク機能を使わせようともくろむゲーム機メーカーの陰謀だったんだよ!!!」

~~~~~!!!」

「PCのライトユーザー層をそっくり取り込めば一気に黒字…」
「ああ、恐るべき計画だ。だがわれわれはそれに屈するわけにはいかん。」

締めに入るギバヤシをよそにPCの操作をするイゲタ。するとさっきまで40GBだったHDDの容量が一気に160GBに変化する。

「どうやら、お引越しソフトファイルをコピーしたときにHDDの情報を全体で40GBと書き換えてしまっていたようです。」

「HAM●-------------------------X!!!」

まさかの結末に呆然となりながらも一向は牛藩に消えていった。


MMLはネタ打ち込むのが大変(´・ω・`)
で、今日はジャポニカロゴスに投稿できそうなネタが見つかったでーヽ( ´ー`)ノ と知人に話したところ、あのおねーちゃんのケツ降りダンスで始まる番組かい∑( ̄ロ ̄;)と素で返されて数秒その場の時間が止まるという珍事が本日発生しました(´゚ω゚)・;*.';. ザ・ワールド。

↓↓↓爆笑レッドカーペットにアクセルホッパー居ましたけど本名っぽかった(´゚ω゚)・;*.';. なブログランキング
BL
.
スポンサーサイト
[PR]

<気に入った記事があったらぜひポチっと>
拍手する

CheckSixSNS<SNSは競パン以外もあります。
ブログランキング参加中>>banner
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyopantei.blog71.fc2.com/tb.php/261-5a7319f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
お知らせ
 
脱いだり褌だったりサポーターだったり→CheckSixSNS
お手軽に携帯で----→CheckSixMobile
スンバラシーブログの世界----→FC2 BLOG RANKING

SNSは現在自由参加ですヽ( ´ー`)ノ 各記事のSNSのリンクから飛べばご招待ページ直結です。

不定期出没地域のチャットルーム 。エンカウント率ははぐれメタルより低いとのうわさ (´゚ω゚)・;*.';.
プロフィール
 

こうへいた

Author:こうへいた
小・中学校時代からスクール水着やサポーターを下着代わりに着用。高校生になり本格的に競パン業界に参入、現在に至る。

あ、そうそう。画像は萌える!アバターメーカーさんで作ったやつをちょっといじって競パンに仕上げました。


気に入った記事があったら
拍手する
お願いしますm(_ _)m
拍手くださった方にはお礼ページあります。

FC2カウンター
 
トータル:


現在の閲覧者数:
Twitter
 
 
ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
 
QRコード