FC2ブログ
173

まったく無名の新進基盤マニアが存在する。その情報を聞きつけたMMLは高知市に向かった。市内の電車通りを抜け、住宅街の一角にその家は存在した。

MML一行を玄関まで出迎えに現れた山本広大氏(仮名)は期待を裏切らぬオタク風貌であった。早速調査のために山本氏の自宅にズカズカ侵入するMML。するとPCのディスプレイにはアーケードゲームの画面が表示されていた。

MML006

「なんつーか、こう古臭い感じだな。」
「無理も無いですよ。インストカードによればこのゲームは1980年代後半のもののようです。」
「山本さん、早速内容を調査したいんですが。」
「わかりました。」

山本氏(仮名)がマージャンコンソールを操作すると画面が変わる。
「おお、ちゃんと動くじゃねーか。」
「保存状態が良かったからねぇ」
ご満悦な山本氏(仮名)

「どうした?ドマル。」
「いえ…このステージの大雑把さが…」

MML008

「~~~~~!!!」

「た、確かに…ほとんど現代じゃないか。というか1900年以前は必要なのか…
ひっそりとツッコミを入れるイゲタ。そんな一同を尻目に順調に花札で勝利を収める山本氏(仮名) 花見酒 3文をさらにこいこいし三光でもあがる山本氏(仮名) すると次の瞬間MML一同の前に驚愕の光景が!

MML009
MML010

「~~~~~~~~~~!!!」


「な…なんだこのエロさは。」
「これはもう脱衣というレベルではありませんねギバヤシさん。」
「1980年代といえば現在と違って倫理も相当に甘かったはずです。しかしこれほどのエロさのものを開発している企業があったとは…」
MMLのマニアック部門担当イゲタもただためいきをもらすばかりである。

「みなさん、まだまだ序の口ですよ。」
「そ…そうです。まだ1ステージ目なんですよ!」
「~~~~~~~~~~!!!」

ドマルの言葉に我に帰る一同。
「1面目でこれとは…われわれはとんだ思い違いをしていたのかもしれない…」
期待と不安で胸が高鳴る一同の前に次ステージのクリア画像が表示される。

MML011
MML012

「~~~~~~~~~~!!!」
「こ…これは!!」
「2ステージ目にして人外…しかも触手(?)ネタとは…」
「ギバヤシさん!これほどの案件をわれわれだけで調査しきれるのでしょうか。」
不安に刈られるダナカ。
「いや待て、ここで諦めてしまったらどうなる!?日程はもう組めんぞ。」
「そ…そうですね。」
「ただ保険は必要だな…イゲタ、MML野市支部に連絡を取ってくれ。」
「わかりましたギバヤシさん。」
PTAが見たら卒倒しかねない画像を前に恐怖におののきながら調査を進めるMML一同。すると三度山本氏(仮名)の手によって驚愕の画像が現れる。


MML013

「~~~~~~~~~~~~!!!」

「バカな…獣姦まで…」
「このゲームはいったいどこまで行こうってんだ!」

「そうか…わかったぞお前たち。」
「何がわかったんですかギバヤシさん!」

「陰謀だよ…これは…」
「バカな…20年も前のゲームだぞ。いまさらこのゲームに何があるってんだ!」

「ではナバヤ、お前が学生だとして、このゲームがゲームセンターに置いてあったらどうなる。」
「!!!」
「そう、間違いなくチラ見、もしくは実際にプレイするだろう。そうするとどうだ、チラ見すれば集中力が落ちる。ゲームをしていればミスを犯してゲームオーバーだろう、ましてや実際にプレイするとなればこの難易度にあの過激なおまけ画像だ。湯水のごとく筐体に金が吸われていはずだ。
「確かに…こんなものがU.S.ネイビーの横にでも置かれていた日には間違って特殊兵器のほうのボタンを連打しかねません。」
「金…、そういうことか…」

「ああ、このゲームはプレイ中のゲーマーは集中力を殺ぎ、実際にプレイするプレイヤーからは無尽蔵に金を吸い上げるゲームセンター側の最終兵器だったんだ!!!

「な…なんだってー!!!」

「しかし、その計画は90年代を経た今現在にいたっても成功していませんね?」
「ああ…開発者たちも想像していなかったんだろう…あの空前の格闘ゲームブームを。」
「そうか…あのころからマイナーなゲームよりインカム重視でゲームセンター側は通信対戦台の設置に傾倒していった…」
「俺たちは知らず知らずの間に陰謀から救われていたということか…」
「ああ…ゲーセンの価値観は変わり、今ではこうしてこの危険なゲームも趣味のひとつとして楽しむことができる…」

「やろうぜ…続きをな…」
「ああ。」

こうしてMML一同は翌朝まで延々と古いアーケードゲームをプレイしつづけたのであった。
(完)


打ち込んでる間に大まかな流れがわからなくなったので乱文です(´゚ω゚)・;*.';. ご協力いただいた山本氏(仮名)には感謝です。
スポンサーサイト
[PR]

<気に入った記事があったらぜひポチっと>
拍手する

CheckSixSNS<SNSは競パン以外もあります。
ブログランキング参加中>>banner
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyopantei.blog71.fc2.com/tb.php/246-0b31c4ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント

うわー懐かしいw
ゲーセンでよくやったよ、これ…
これらのクリア画面は、当時から全然興味なかったわけだが(^^;
2007/08/06(月) 23:46 てつや URL [編集]

こんばんわーヽ( ´ー`)ノ おいでやす。
ストーリーはともかく、おまけ画像見たさに連コインの鬼と化してきましたΣd(゜ー゜*)<基盤だからコインボタン連打
これの男の子版出たら間違いなく基盤を入手することでしょう(`・ω・´)

ところでリンク張らせていただいてもよろしいでしょうか?ヽ( ´ー`)ノ
2007/08/07(火) 22:27 こうへいた URL [編集]







非公開コメント
お知らせ
 
脱いだり褌だったりサポーターだったり→CheckSixSNS
お手軽に携帯で----→CheckSixMobile
スンバラシーブログの世界----→FC2 BLOG RANKING

SNSは現在自由参加ですヽ( ´ー`)ノ 各記事のSNSのリンクから飛べばご招待ページ直結です。

不定期出没地域のチャットルーム 。エンカウント率ははぐれメタルより低いとのうわさ (´゚ω゚)・;*.';.
プロフィール
 

こうへいた

Author:こうへいた
小・中学校時代からスクール水着やサポーターを下着代わりに着用。高校生になり本格的に競パン業界に参入、現在に至る。

あ、そうそう。画像は萌える!アバターメーカーさんで作ったやつをちょっといじって競パンに仕上げました。


気に入った記事があったら
拍手する
お願いしますm(_ _)m
拍手くださった方にはお礼ページあります。

FC2カウンター
 
トータル:


現在の閲覧者数:
Twitter
 
 
ブログ内検索
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
 
QRコード